桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分 | 祝日以外、毎日診療
桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分
精神科
神経科
心療内科
一般内科

みなとメンタルクリニック

精神科の往診もあります。ご希望の方はお電話ください。

― ご予約は予約サイトかお電話で ―

045-663-5925

診療時間内

menu

症状別診療

依存症

依存症とは、特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。
人が「依存」する対象は様々ですが、アルコール・薬物・ギャンブル・タバコ・インターネット・ゲーム・仕事・買い物・恋愛・情報等があります。
このような特定の物質や行為・過程に対して、やめたくても、やめられない状態を依存症といいます。

依存症の症状

アルコールや薬物といった依存性のある物質の摂取を繰り返すことによって、以前と同じ量や回数では満足できなくなり、次第に自分でもコントロールできなくなっていきます。
物質ではなく特定の行為や過程に必要以上に熱中し、のめりこんでしまう場合もあります。
どちらにも共通していることは、繰り返す事により強い刺激を求めるようになり、やめようとしてもやめられない、いつも頭から離れないことです。
飲酒や薬物使用、ギャンブルなどの行為を繰り返すことによって自分の欲求をコントロールできなくなり依存対象を第一に考えるようになってしまい、他のことがおろそかになり、社会生活をしていく上で優先しなければならない色々な活動を選択することができなくなっていきます。
睡眠や食事がおろそかになり、本人の健康を害す、嘘をついて、家族との関係を悪化させる、仕事や学校を休みがちになる、隠れて借金をしたり、お金を工面するために手段を選ばなくなる、などが起こり自分や家族の生活に悪影響を及ぼします。
家族は本人のつく嘘に傷つけられたり、本人の代わりに借金を返済したりして、だんだんと健康的な生活を送ることが難しくなっていきます。

依存症の原因

人は誰しも、不安や緊張を和らげたり、嫌なことを忘れたりするために、ある特定の行為をすることがありますが、それを繰り返しているうちに脳の回路が変化して、自分の意思ではやめられない状態になってしまうことがあります。
脳が報酬を求めてエスカレートしているため、本人がやめたいと思ってもどうにもならないのです。いったんこのような状態に陥ると、意志の弱さや性格の問題でもなく、もちろん最初から依存しようと思ってなるものではなく、脳の仕業なのです。条件さえそろえば誰でも依存症になる可能性があり、特別な人だけがなるわけではないのはこのような理由からなのです。

依存症の治療

依存症は病気であり周囲がいくら責めても、本人がいくら反省や後悔をしても、また繰り返してしまうのは脳の問題なのです。決して「根性がない」とか「意志が弱いから」ではありません。特定の行為を自分の意志でやめたり、減らしたりできない病気です。
依存症を止め続けるためには、正直に自分の気持を言える場所があり、孤立しないことです。本人や家族だけで抱え込まないで、早めに専門の医療機関や行政機関に相談し、専門家から適切なアドバイスを得てください。
治療において大切なのは本人や家族が苦痛を感じていないか、生活に困りごとが生じてないか、という点です。「うつ」が隠れている場合もありますので、当医院では相談やアドバイス、生活習慣の改善、考え方の修正を促す等の精神療法および薬物療法を適切に見極め治療していきます。

みなとメンタルクリニック
MINATO MENTAL CLINIC
診療時間・休診日
 
AM 9:00~13:00
10:00

13:00
PM 14:30~19:00
14:00

17:00
14:00

17:00
休診日:祝日
最終受付時間:AM・PMそれぞれ診療時間の30分前まで
感染予防、密な接触を避けるため、日曜の診療をご希望の方は、できるだけご予約をお願いいたします。
被災地支援のため、第四または第五金曜~日曜は院長が不在です。その際の担当医師は「重要なお知らせ」に掲載いたします。
ご予約
予約サイトまたはお電話でご予約ください
045-663-5925

診療時間内

往診をご希望の方はお電話ください。         
アクセス
  • 桜木町駅より徒歩約5分
  • 関内駅より徒歩約5分
  • 馬車道駅より徒歩約3分
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6-109志村ビル1F