●診察受付時間/9:00~13:00、14:30~19:00 土9:00~13:00 ●休診日/水・土午後・日・祝
桜木町駅・関内駅・馬車道駅 各 徒歩5分
精神科
神経科
心療内科

みなとメンタルクリニック

初めての方は、お電話にてご予約ください
045-663-5925
※予約の受付は診察時間内となります。
桜木町駅・
関内駅・
馬車道駅
各 徒歩5分
menu

メンタルコラム

第20回

こころの聴診器:疾病うつ

他疾患の発症で悪化するうつ病は疾患治療のためにもきちんと治そう

うつ病が疑われた時期に胃がんが見つかって・・・・・・

A子さんは58歳。夫と子ども2人の4人暮らしです。7年前から不眠症で精神科に通院しています。

医師から「うつ病では?」と言われたことがありました。しかしA子さんは「まさか。時々寝込むことはあるけれど、大方の家事はできているし、うつ病ではないわ」と思い、睡眠薬だけをもらっていました。

そんなとき、定期検診で胃がんが発見されたのです。病巣が大きくてあまり良くない状態と申し渡されました。そして医師から、抗がん剤治療と手術を行いましょうと言われました。

「がん」と言われたこのころから、A子さんのこころはガラガラと崩れていきました。不眠がさらにひどくなり、家事をする気力がなくなり、焦ってそわそわと落ち着かなくなってきました。夫の話によると、家事をしていても途中でやめてしまって、別のことを始めてしまい、煮物が生煮えだったり、アイロンが半分しかかかっていないということです。

物忘れもひどくなり、同じことを何回も言う、言われたことを覚えていない、予定を忘れてしまう、人や物の名前が思い出せないとう、記憶力や集中力の低下が起こってきました。「治りっこないわよ」という幻聴も聞こえるようになりました。MRIの頭部検査では異常はありません。認知症かと思い、物忘れ外来を受診して服薬をしましたが、効果はありませんでした。

「先生、私のうつ病を治し、がんに対峙する力をください」

A子さんは精神科でうつ病と診断され、抗うつ薬と精神安定剤による治療が始まりました。

治療を進めていくうちに、A子さんは医師に自分の気持ちを話し始めました。

「(私は)がんと聞いてすごくショックで、どうしてこんなことになったのかと考えてばかりいます。毎年ちゃんと健康診断を受けていたのに。こんなになってまで生きていなくてもいいと思ってしまいます」

「学生時代は優等生で、就職して仕事もきちんとやりました。退職して、結婚、出産。子どもの手が離れたので40歳くらいから働き始めましたが、仕事の覚えが悪く、同僚とも歩調が合わなくて仲間はずれにされました。

私が会話についていけない、人の輪に入れないのがいけないのでしょうか。どこか、皆と違うのでしょうか」

「今までやるべきことをやらないで、やりたいことだけをやってきました。困難に立ち向かうということをしてきませんでした。先生、私のうつ病を治してください。そしてがんに対峙する勇気をください」

医師はこの気持ちを聞いて、A子さんのうつ病の治療目標を“がんの治療をきちんと受けること、そしてもう一度社会に出て働くことを目指す”としました。生活のリズムを整え、ぼーとしたり、昼寝をする時間を減らし、体力や思考力を養い、良い人間関係が築けるようになることを日々、意識して生活していくことを勧めました。幸い、A子さんは家族や周囲の人の愛情に恵まれていたので、周りの人たちの力を借りながら、うつ病の治療に取り組むことができました。

仕事を再開して人に喜んでもらう幸せを実感

がんの治療のほうは、抗がん剤で病巣が縮小し、手術に踏み切ることができました。その後も定期的に検査を受けながら、抗がん剤治療を続けています。

この間に、A子さんは精神的にも力がついて、活動的になってきました。自律訓練や音楽療法、森林浴、薬膳などを積極的に試してみました。姿勢を良くして、月に1回は美容院に行き、おしゃれを楽しむようになりました。そうこうするうちに幻聴は自然となくなっていきました。

そして、パートで働き始めました。接客の際に、お客さんに喜んでもらうという感動も体験することができました。A子さんは仕事を通して、人に喜んでもらう、人の役に立てるということを、生きがいとしてとらえることができたのです。

病気と闘うためにもまず前向きにうつ病治療に取り組もう

うつ病の上に、他の疾患が見つかることはあまりにもつらいことです。それが重篤な病気なら、なおさらです。うつ病が悪化するのも当然でしょう。

うつ病はこころの病です。しかし、しょせんは神経の疾患なのです。

神経は体全体に張り巡らされていて、考えること、感じること、行動することを統制しています。また、睡眠、食欲、性欲、体温、血圧や皮膚、内臓の働きをコントロールしています。こころの病気なのに不眠や食欲不振が起こるのは、この神経のせいなのです。逆に見れば、うつ病を治すことで、良くなる体の症状もあるということです。

もう一つの疾患を治すためにも、うつ病の治療にきちんと取り組んでください。少しでも精神的な症状が改善されれば、もう一つの病気と闘う強い気持ちも生まれてきます。「他人に何が分かるの」と思わずに、まず受診して、あなたの話をしてみてください。必ず改善の糸口が見つかるはずです。

当院長が保健同人社「暮しと健康」に連載した「こころの聴診器」を転載したものです。
みなとメンタルクリニック
MINATO MENTAL CLINIC
診察受付時間と休診日のご案内
受付時間
AM 9:00~13:00
PM 14:30~19:00
水曜、土曜の午後、日曜、祝日は休診させていただきます。
初めての方は、
お電話にて
ご予約ください
045-663-5925
予約の受付は診察時間内となります。
アクセス
  • 桜木町駅より徒歩約5分
  • 関内駅より徒歩約5分
  • 馬車道駅より徒歩約3分
〒231-0012
神奈川県横浜市中区相生町6-109志村ビル1F